「結婚したい看護師」、「看護師と結婚したい男性」のためのサイトです!

婚活が遅れがちな看護師が工夫次第で勝ち取る結婚生活!

.jpg - 婚活が遅れがちな看護師が工夫次第で勝ち取る結婚生活!

看護師の婚活が遅れがちになる理由とは?

1.職場に恋愛対象となる人との出会いがない
看護師の9割は女性です。

残り1割の男性看護師の競争率はひじょうに高いです。

その1割が年齢的に合うかどうか、好みのタイプかどうかとなると恋愛に発展する確率は極めて低いです。

医師はどうでしょうか?

お金は看護師よりも持っているし、仕事の面でも尊敬できる人が多い医師は貧気が高くすでに彼女がいるか結婚している可能性が高いのが実情です。

看護師、医師以外にもレントゲン技師や薬剤師、リハビリの専門職や出入りの業者など出会いがないことはないですが顔を合わせる人は限られています。

顧客である患者さんと恋愛に発展することはまずありません。

222x300 - 婚活が遅れがちな看護師が工夫次第で勝ち取る結婚生活!

同僚にしても患者さんにしても仕事の対象としか見られないことが多いのです。

 

2.仕事が忙しいく院外の人と出会う時間がない

看護師は国家試験であり何年も専門の勉強をしないとなることが出来ません。

毎日の学習に加えて、実習やそのレポートなどに追われる毎日で恋人を作る時間がなかったり、できてもデートをする時間がなくすれ違いのまま別れてしまったりというケースが多いのです。

就職後も若いうちは覚えることも多く、夜勤や残業などで疲れてしまい、かぎられたプライベートの時間は話を分かり合える同僚か看護学生時代の友人と過ごすなど恋をすることなく気がつけば周りはみんな結婚しているということもあります。
看護師は適齢期を過ぎても人気が高い!

看護師は常に男性が結婚したい人気の職業です。

その理由の1番は経済的に安定していること。

結婚すると何かとお金が必要です。

男性の収入だけで生活していくことが難しい昨今、奥さんが安定して稼ぐことのできるメリットは計り知れません。

結婚、出産でいったん仕事をやめて育児がひと段落した後でも再就職が比較的しやすく、将来的にも長く勤めることが出来ます。

看護師は責任感が強く働き者の人が多い

人の命にかかわる仕事をしているのです。

責任感が弱いはずがありません。

専門知識を持っていて、怪我や病気の人のために働く姿は尊敬の対象です。

看護師の仕事は同時にたくさんのことをこなさなけれなりません。

何でもテキパキとこなせる人は頼りになります。

「家では働きたくない」人もいるでしょうが、基本的に働き者の人は一緒に生活するパートナーとして選びたくなるのです。

 

人当たりの良さは魅力的

「看護師の笑顔は営業スマイル」だという人もいます。

それでもかまいません。

っていうか営業スマイルのきれいな人は普段の笑顔はもっと素敵なはずです。

たとえ仕事向けだとしても人当たりの良さは本物です。

それに仕事の時とプライベートで人が変わるのは誰にでもあることで何も看護師に限った話ではありません。

だから「営業スマイル」で十分なのです。

適齢期を過ぎてしまった看護師の婚活にお勧めなのはこれ!

マッチングアプリの活用
合コンや街コンで人に出会って相手を探すのが得意な人はそれでもいいでしょう。

今まで「忙しい」ことを理由に恋人を作らなかった人がいよいよ決心して婚活を始めるなら条件をアプリに入力して相性の合う人を見つける方が手っ取り早いです。

関連記事

コメントは利用できません。